忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 20:39 |
15の夏


今回は、先日消えちまったスーちゃんのお話も含めて。。



田中好子さん通夜しめやかに 伊藤蘭「もう1回3人で会いたかった」と涙
www.oricon.co.jp/news/entertainment/86980/full/


ファンの気持ちとしては、「もう1回3人に会いたかった」ですね。
専業主婦な美樹ちゃんの気持ちもわかるけど、もう1度3人並んで歌う姿を観たかった。。





あれは15の夏

いつものように学校サボって、テカテカなポマード頭を決めて、made in Japanな古着のアロハにサープラスの綿パン、足元にはサドルシューズ、、、いや、お決まりのラバーソール(blue suede shoes)だったでしょうかねぇ~

竹下通りを抜けて明治通りに面したCAROLに顔を出ししばらく遊んでからMr.freedomにも挨拶をして上階のRendezvousで腹ごしらえをした俺たちは、いつものコースでSuperSEXそしてCREAMSODA本店に向かう路地へと・・・

(当時の原宿は1歩路地に入るとまだまだ長閑なものでした。。)



途中にある床屋のガラス越しに見えたテレビには、神妙な顔をしたキャンディーズの3人が映し出されていました。。

歩きながらほんの一瞬のチラ見だったけど、声も聴こえず観たその映像から感じた雰囲気は「あ、解散だ!」とスグにわかるものでしたね。。



PN2011042101001360_-_-_CI0003.jpg
 

とくに熱狂的なファンというわけでもなかったけど、やはりストライクど真ん中のアイドル世代の私メとしては、やはり一抹の寂しさを感じた出来事でした。

っていうか、、、
75年のCAROL解散以来のショックだったかもしれません。
(で、、第3位は百恵ちゃんの引退な 笑)


因みにキャンディーズ解散会見のひと月後にはエルビスの死亡で77年はちょっとした落ち込み年.。o○




デビュー当時(4曲目まで)は、スーちゃんがセンターに立っていましたね。。
(その後大ヒットした年下の男の子でランちゃんがセンターに・・)

じつはこのときナベプロには、歌のウマいスーちゃんをソロデビューさせて鳴かず飛ばずのキャンディーズは「解散」という計画が・・・

しかしメンバーの必死な直訴の結果?路線変更でのちにTOPアイドルの座へと。。


されど当時のアイドル活動は極限まで追い詰められ、全てを犠牲にされてしまう・・・
(あとに続いたピンクレディーもまたしかりですね)





『ふつうの女の子にもどりたい!』





キャンディーズがデビューしたとき、亡くなった兄貴とオカンが騒いでいたことを思い出します。
田中好子、彼女は兄貴の先輩でしたがやはりデビュー前(スクールメイツ時代よりも前か)から、普通の女の子ながらやっぱどことなく輝いていましたね。。

出来ることなら
バックトゥザフューチャーして、もういちどあの頃のスーちゃんに会ってみて~なぁ・・・ 泣




77年7月17日、スタッフもビックリな突然の「9月に解散する」宣言
(緊急記者会見は翌18日、延期会見はその2週間後)


解散延期宣言
(78年3月に延期するも微笑がえしの1位獲得により?更に4月4日に・・)


なんで途中で切るかなぁ・・・


(最後の言葉はコチラ↓)

AKB48だなんだと騒いでみても、キャンディーズを越えるアイドルグループはもう2度とでないでしょう。。


やっぱ号泣しちまうなぁ~泣き顔

(じつは昨日はDASH村の放送とyoutubeのキャンディーズで号泣しっぱなし)



ラストコンサートには、キャンディーズ大ファンな同級生(女子)に誘われていたんだけど、さすがに16の青春ってことで?、対立グループとのアレコレでいけなかったんだよなぁ 泣

くっそ~アノ野郎ども!と悔やんでみても・・・
(もっとも女の子と出かけるってのもねぇ~ 笑)


ふつ~の女の子すぎてやっぱかわいいなぁウッシッシ

(何を隠そう私メはランちゃん派だったワケですが、じつは密かにこの頃のぽっちゃりスーちゃんの隠れファン?笑)


今では側道に下りないと見えなくなってしまったけど、ルート4を通るたびに見えたスーちゃんの実家。
2~3軒だったか隣には輸入物のプラモデルを扱うおもちゃ店があってよく通ったものです。。
(その隣には、以前ドコゾの日記に書いた私メが始めて運転したステップバンを所有していた○○飯店の本店が・・)




「普通だから・・」という理由で抜擢された映画「黒い雨」で主演女優賞を受賞したのも面白いエピソードですが、、、自然に「普通」を演じられるスーちゃんはやっぱ演技派女優でしたね。。

昨日の通夜は、その「黒い雨」の美術監督が手掛けた花祭壇に、来年のカレンダー用に撮影した写真を遺影として、しめやかに営まれたそうですが、、、

本日はホントの「おわかれ~な~んです~ねぇ~」の告別ですね 泣


(遺影の後方と坊さんモドキは気になりますが・・・いや、なんでもない)




未だに亡くなったなんて信じられません。。 (ていうか信じたくない)


   献花しにいきたい気もするが、、、
              ・・・・・・やっぱダメだわ泣き顔




つい先日実父と義母を相次いで亡くしたこともあるのでしょうが、スーちゃんが身罷ったことは、ある意味学生時代の6年間同じクラスで、毎日毎日 日が暮れるまで二人で遊びほうけていた三沢光春の死よりもショックかも。。。


誕生月(4月8日)に解散(4月4日)、そして同じ月の命日(4月21日)

20年にも及ぶ長期の闘病お疲れ様でした。。
謹んで心よりのご冥福をお祈り申し上げます。 


                 合 掌





先週延期した秩父巡礼 明日行ってきます。
  






為 春芳院妙純日好大姉 菩提


110426_090039.jpg







またしてもわんこネタぢゃね~し。。。



PR

2011/04/25 07:17 | Comments(0) | TrackBack(0) | つぶやき

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<スーちゃん見っけ! | HOME | まった出たよん>>
忍者ブログ[PR]