忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 20:35 |
ちわワンコ・・・2

保健所に収容されていたチワワちゃんは、予定より1日はやく11日に無事引き出されて
新しい里親さんのもとで幸せの第一歩を歩んでいます。



DSC_0006.jpg



で、、、本日は、
本犬(命名・ピッピちゃん)と里親さん御夫婦と共に、もとの飼い主を探すべく捕獲場所近辺に貼紙&聞き込みをしてきました。


10月後半にも関わらず暑い日となってしまったので、日中出合ったお散歩中のワンコは少なかったのですが、ピッピちゃんはこの辺りでは見かけない子だと。。
(その場で近所のトリマーさんに電話で確認していただきましたが、やはり心当たりはないそうです)



DSC_0004.jpg
お散歩大好きミニシュナちゃんは、10歳とは思えない若々しさでした


この子の他に声を掛けたダックスちゃんも、元保護犬だそうでレスキューの話等もしましたが、保護犬を家族に迎えるということがけっこう浸透していることに改めて気付かされますね。





まぁ・・・ かわいらしきお子にありますわね!
まるで天真爛漫を絵に描いたやうなお子ですわ。

なにゆえかやうな子が保健所とやらへ・・・

さぞかし寂しき想いをなされし子と思いきや、さにあらず。。。

よくお手入れもされ、愛されしお子にありますわね。



されど、、、
家族の縁、薄きやうに思われます。。


己に起こりしこと、現在の状況をよく把握してはおらぬ様子。
 
大部分が???という感じでしょうかしら
なれど、自身では何?ドコ?どうなるの?といふ感じではありませんわね。


多少の心細さと不安はあれど、他の収容犬とはことなりし感覚といひますか
されど、不思議なことにこの子からは、あるじに対する思ひがあまり感じられませぬ。

なにゆえにありましょう・・・

人懐こくて根が明るきお子にありますゆえ、あなた方が来てくれたことがまこと嬉しかったのね。
収容されし犬舎には他に誰もいなかったことで、怖ひといひますか不安はあったやうです。

まぁ救ひといえば、この子自身の中に、迷子になったとか捨てられたという意識がなかったことでしょう。


しかし、かやうな愛しきお子をあるじが探しておらぬといふのは、理解のし難きこと。

逃げ出したといふことでも無き様子。
強いて言ふなれば、、、遊んでいたら ひとりだった・・・ でしょうかしら 


2011-09-0012_01.jpg
 
この収容犬情報の画像からは、まぁこんな感じのようです。




安心したやうなホッとした感じにありますわね。
新たなるあるじにも環境にもスグに馴染み、この先体験するであらう新しきことにも早く馴染みましょう。

とても賢きお子にありますゆえ、手のかかることもそうはないことでしょう。

手入れもシッカリなされし子だったやうに感じますが、なぜでしょう・・・
相変わらず、あるじへの思ひが伝わってはきませぬの。。

忙しきゆえ、よくほうぼうへ預けられていたやもしれませぬわね。

「またそのうちお迎えに来てくれるだろう・・・」 との思ひがあるのやもしれませぬわ。
ゆえに保護されたときも、まったく危機感のやうなものを感じてはいなかったのでしょう。


CAUFOOYS.jpg


今日この子と歩きながら感じたのは、やはり場所が場所なだけに「おきざり」かなと。。


保護された場所からすぐ近く(200mくらい)に、スーパーがあり、周辺は道路整備に伴う区画整理が行われています。
あるいは引越し先で犬が飼えないという理由でしょうか・・・

外を怖がるでもなく、車や自転車に怯えることもなく、初めて会う他犬にも社交的。。
ということは、アパート等でコッソリ飼っていたようにも思えません。
とても良い子で、手に余ることも考えられません。

しいてあげるなら、初ヒート直後のようなので、それで何かあった可能性でしょうか?
(獣医師の推定では8ヶ月~1歳くらいとのこと)

やはり何かの事情があっての置き去りでしょうかねぇ。。
人が集まるようなところに放しておけば、きっとこの子なら誰かに拾われてかわいがってもらえるだろう。。
そんなことを願っての置き去り以外には考えにくいように思います。

この子の主人に対する思いが強ければ、、、
飼い主が必死で探しているのなら、、、

この子を通して飼い主のことが伝わってくるはずでしょう。
しかし伝わってくるのは、なぜか飼い主が(この子の)近くにはいないような感覚。

元飼い主の捜索とはいえ、貼紙や今日話した方々の口コミから連絡を待つしかありません。
おそらく見つけることはできないでしょう。

飼い主の思惑はどうあれ、この子は保健所に収容されて命のカウントダウンがされてしまいました。
もしも飼えなくなったとしても、こんな子ならひと声かければ引き取ってくれる人もあたでしょうし・・・

しかも、飼い主が探す方法を知らなかったとしても、、、
せめて近所を探していれば、誰かしら「保健所に連絡を・・」となりますよね。


やはりどう考えても不思議な迷子ちゃんですねぇ。。。



と、、、ここまで書いてみて
文章がど~もイケマセンねぇ・・・  う~ん 汗笑


のちほど書き直しましょうかね。。

でも面倒だなぁ~



ま、とりあえずうpしちゃえ!




PR

2011/10/14 01:02 | Comments(0) | TrackBack(0) | アニマルコミュニケーション風味?

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<trick or ちわわん子 | HOME | チワわんこ>>
忍者ブログ[PR]